FC2ブログ

プロフィール

小夏

Author:小夏
恋する暴君(BL漫画)を語りたいがためにブログを始めたど素人です。ど素人なので温かく見守って頂けたら幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する暴君7章plan3感想


勉強してたら無意識に落書きしてた。
やる気な~し。

というわけで遅ればせながら感想行ってみたいと思います!!
…その前に注意点があります。
真崎さんに対して毒が強めだと思うので好きな方は自己責任でお願いします。
あっ、今回から記事たたみました。

前回真崎さんがアパートに夜遅くに迷惑を省みず訪ねてきて、森永君と手をにぎにぎしたところ
で終わっていました。
(ううっ…、自分で書いておきながら嫌な表現だな…)

3回くらい兄さんに呼ばれてようやく我に返り手を話したよ…森永君。
少しの時間だけ二人のワンダーランドに入っていたようです。


兄さんに睨まれて真崎さんは
「どうしても会って話したいことがあって」っていっています。
…この伏し目がち表情苦手なんだよなあ…。
なんか誘っているように見える。
タラシだよ、タ・ラ・シ!!

しかも「つきあっている人がいるとは聞いて知ってたんだけど」
ってデリケートな問題を引きづり出してきちゃったし…。
当然兄さんは否定ですよね…。
否定の仕方が中2というかツンデレ(デレ?)なんだから!!

「つっ、つきあってなんかないんだからね!!」
←ツンデレ女子だったらたぶんこんな感じ

「はっ!?別につっ、つきあってなんかねーし!!」
←中2男子だったらこんな感じ(ほぼ原作通りだな…)


…無駄なことをしましたが、ともかくややこしいことになったので森永君はひとまず
兄さんを家の中へ押し込みました。

森永君は真崎さんに対し
「せっかく来てくれたのに」
と言っていますが、
いや、せっかく来てくれたじゃねーし。

もうね、森永君がいい人なんてずーっと前からわかっていたことですが、いい人過ぎて
もやもやしちゃうんだよな~。
優しいのは森永君の美点だしいいと思うんだけど、場合によっては相手を甘やかして
逆にその人のためにならないからなあ…
と思うんですが…。

もう兄さんの言うとおりだと思うんですが、(ぶん殴るのはしたくてもしちゃダメだが)
ここは一応森永君の意志を尊重しました。
…まあ真崎さんがどうしてたかは気になるしな。

しかし森永君は外さない奴だな…。
「今オレが好きなのは先輩だけですから」
なんて。
こういうことをきちんと押さえてるから森永君が真崎さんに靡く
なんてこと考えませんが、理屈云々じゃなくてなんか真崎さんに
会いに行くのヤなんだよなあ…。(私が)

蹴りだされた森永君を見て真崎さんが
「もしかして趣味が変わった?」
って言ってますが
(しかしこの人はギャグコマが似合わないな)

真崎さんの中で森永君はどんな趣味を持ってるイメージだったんでしょう?
オレみたいなのが好みだったのに……とか思っているんでしょうか?
(流し目系)


とにもかくにも兄さんが煩いので森永君と真崎さんはなんだかオサレなバーへ移動。
アダムズバーではなさそうですが、やっぱりゲイバーなんでしょうか?
…女の人がいるっぽいので多分普通のバーです。
まあその方がゆっくり話しができるか。

そういえば真崎さんは国博さんとあんなことがあったんだった!!
(というか自分で監禁したw)
トラウマだったので思い出さないようにしてましたがそうだったな…。
もちろん森永君には会ったことしか言っていませんが。(当然か…)

あとは当時のことを今更謝っていました。
謝ったのはいいんですよ。
当然謝るべきだと思います。
でも…

なんで手をにぎにぎするんだよー!!

二回目だぞお前!
あれですか、この世界のホモの人は西洋人っぽい人が多いんですか!?
しかもにぎった手をおでこにつけてないか?
謝るふりして森永君のぬくもりを感じてるとか?


もう真崎さんの謎行動につっこんでもキリがないので次にいきます。
兄さんが寝てます。
森永君を待ってたよ、この人。
可愛いなあ…と思いつつ個人的にはぶっきらぼうな感じの兄さんの方が好きですが。

兄さん寝ぼけて森永君の服つかんでるしー!!
こんなん普段の森永君なら舞い上がっているだろーに…。
突然の来訪者だったからね。
というかびっくりして動けなかっただけかな。

話しをしてきた森永君は
「すっきりしました」
って言っていますが
それを聞いた兄さんが
「へえ、よかったじゃん」
って顔がすっきりしていないw

ここからは森永君の腕の見せ所ですよ。
いかに愛を囁いて兄さんを納得させるか。
そしてシメはちゅーで。

って兄さん待ってないか!?
超来るの構えてるよね!?
口が開いてるのがまたエロいよね…ぱたっ。

キスも印象的だったのですが、このあと兄さんが……

「じゃあもう会わなくいいよな?会うなよ二度と」

ふぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
これはあれですな、たぶん絶対きっと嫉妬とかいうやつですよね!?
心配して…というのもあるかもしれない(少なくとも本人はそう思っているだろう)
けど嫉妬の方がどう見てもでかいよな。
甘~い雰囲気が苦手な私がひいき目で見ても嫉妬ではないと養護できないくらい
のまごうことなく嫉妬です。

7章に入って本当にラブ度が上がりましたが嬉しいような寂しいようななんか不思議な気持ちです。


次の日いつもどーり研究している二人。
森永君にめっ、メールです…。
ってまた真崎さん!!
森永君、連絡先教えてたのかー。がくっ。

どうしよう…とか言っておりますが残念ながらこの時点で修羅場臭ぷんぷんです。
もう、こんなん絶対会いに行って、バレて大変なことになる流れじゃん…。
まさかメールしただけ…とかすかしっぺな展開か!?



ともやもやしつつ次回なるべく早く感想あげるっっ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konatsunatsu.blog.fc2.com/tb.php/33-441f83b6

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。