FC2ブログ

プロフィール

小夏

Author:小夏
恋する暴君(BL漫画)を語りたいがためにブログを始めたど素人です。ど素人なので温かく見守って頂けたら幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する暴君6感想後編

突然ですが私の野望を書いてみました↓↓
1皆さんのように暴君ssを書いてみたい
2暴君好きな人とアツいトークをしてみたい
3絵をうpしてみたい

う~ん…これらが実現する日は来るのか!?

くっそどうでもいいですね、すみません。
いつになったら終わるんだよって感じですが感想続き行きます!!



「先輩自分でドア開けて」
前回の、書き忘れちゃいましたが部屋選べやこらぁから(や、こんな言い方してないけどさ)兄さんの自主性を試しているように思えます。

もう私ずっとどきどきしちゃって、実はこの6巻のえちを未だに直視できないんです。
暴君と知り合って何年だよ!!(まだ2年足らずですが…)
5巻の方がすごいはずなのに6巻の方がエロく感じます。

というか兄さん格好がエロいよ!
またパジャマの丈の長さが絶妙なんだよこれが!!
見えるか見えないかくらいの丈にお腹には先ほど放ったせi…(自重…)でこんなものが見られる日が来るとは思いませんでした。
あれだな…恥ずかしいけどみたいっ!ってやつ…かな?(適当)

「それともここでしますか? 立ったまま。」
とか言葉攻めが絶好調だな森永。
もうそんなこと言われたら兄さん開けるしかないじゃないですか!
本当は自主的にドア開けてほしいんだろうけど今はこうして追いつめるしかないですもんね。
兄さんも立ったままよりは…って思いますもんね。


部屋に入って本格的に始まるんですが…

なめながら話すな森永w
…なんてちょっとふざけながらじゃないと照れて書けないんです…。(チキンなもので)
はあはあ、たっ、戦いは始まったばかりだぞ…。
絶対に負けられない戦いがある…んだ…。

こっ、この「ひとりですればよかったのに」とか言われている兄さんが幼いぃぃぃ!

しかもここからは森永先生のレクチャーが始まります。
いやぁぁぁぁぁ…しかも兄さんの表情がいちいちエロいっす…。(昇天)
特に「後ろだけでイけてましたよ」を前に人が見ている横から見たら兄さんの開脚ぶりに
「うぉあっ!!」って超驚いた記憶があるな…。
覗き見禁止だなorz

「先輩…オレのこと欲しい?」

が暴君貸した友人にとってとってもインパクトがあったらしくいつも
「こっ、このコマの森永君怖いって!顔ヤバいよ!!」
といつも言っていますw
…まあ確かに見下ろされると怖いですが、その友人は森永君というといつもこのシーンのこと言っていますww
人によって印象に残るところも違うんですね。

私はさっき言った開脚兄さん(何だよそれは)の方がインパクトあったよ!
…横から見たからだな…。

そういえば先ほどの友人と話していましたが、二人で「兄さんって身体柔らかいよね! 羨ましいなあ…」とか言っていました。
…見るところが違うorz
や、大事なことかもしれないけど今はそこじゃないだろう…。
体育会系クラブだったんでまじめにそんなこと言っていたなあ…。

話それましたが(脱線癖がいつもひどくてすみません)、もう兄さんが欲しいって言わないもんですから森永君ぐりぐりしてきたぞ!
…やれることは全部し出して総攻撃を仕掛けてきました。
ひいいっ、容赦ない!!
兄さんが快楽に耐えながらシーツをぎゅっと掴んでいるのに禿もえた。
いいぞ、もっとやr(ry)


今までふざけていましたが(本当にな)、森永君絶好調だな、とか言いつつもどこかいつもとは違う必死さを感じました。
ぶっちゃけ最初はエロくて気がつかなかった(…)けど、攻めているはずがだんだんと兄さんに懇願するようになってきて…。

私は「もう、兄さん意地っ張りだな!you言っちゃいなよ」とか単純なんでそう思っていました。
(またふざけてしまった…)

そして決定的だったのが「お願い、うなずくだけでいいから…」
という台詞。

話が解決しないままえちに入っちゃったから忘れがちでしたが、今章に入ってから森永君はカナダからの帰国問題
とか、同居解消してしまうかもしれない思いからずっと不安だったんですね。

こんな言い方あれですけど、森永君はエロが絡まないと強く出られないんでどうにかして兄さんに肯定の言葉を言ってほしかったと思うんですが、今思うともし兄さんがなし崩しの状態でそういう言葉を口にしても森永君は嬉しくなかったでしょうね…。
というか森永君はあのときは無理矢理言わせただけだって後悔するでしょうね…。

すみません、私の勝手な解釈ですがこうやって色々な角度から物事を考えられるって暴君のいいところですよね。
すっごく今更ですが。

そんな不安でいっぱいの森永君をどうするのか…と思ったんですが兄さんは神でした。
「そんな顔するな」
ってにいさ〜ん…。

今は森永君の気持ちを肯定することはできないけど、森永君がそんな風に悲しい顔しているのは嫌なんですね。
このシーンに兄さんの人間性を見た気がしました。
というか兄さんよく森永君を見ていらっしゃるなあ…。
(この森永君の顔もはげた…)

これはまた後日詳しく書こうかなと思っているのですが、私正直今までイマイチ兄さんの良さ…というか萌えがよく分からなかったんですよね。
(ファンの方申し訳ないです…)
もちろん嫌いではなかったのですが、そこまではげるわ!とかありませんでした。
でもこのシーンをきっかけにすごく好感度が上がりました。
慈愛は正義!!


また脱線した…。
今の兄さんの精一杯は森永君にも伝わったようでお互い抱きしめ合って終了。
ふう長かったな。満足満足…

…あれっ、最後までしてないな。欲張ると最後まで見たかったですがページ数足りなくなっちゃいますもんね。
自重自重。



いつの間か帰った磯貝さんと遠慮した森永君(もう〜)以外の面々でお墓参り。
黒川さんはすっかり家族になったので堂々と参加です。
ちくしょう!森永君もいつか胸を張って入れればいいね!!
…かなこちゃんや松田さんからは家族扱いになっていたけれどv 

結局家は建てないことになったので同居は続行に。
やったね!
しかし宗仁さんは優しくて懐の深い人だ…。
帰る家が三つもあるから〜なんて。

最後は同棲同居が決まってすっかり憑き物が落ちた森永君の満面の笑顔で終わり!!
やっぱり森永君は笑顔が一番です。
兄さんも森永君の笑顔絶対好きだよ!ね!!
もうオレのことが欲しいなんかで怖いとか言わせないぞww


で描きおろし。
5巻が後。でしたが6巻もなんと跡。
漢字違い!!

タイトルから想像できるように内容は兄さんがあの時森永君の背中につけてしまった傷の話。
もっ、萌えるんだが私には糖分が…多い……。うぉぉぉぉぅ……。
もう完全にカップルにしか見えないんですけど。
もういちゃこらしているようにしか思えないんですけど。
というか兄さんの「すっ、すまんオレ…」で爆死したんですけど!!
森永君の「(傷が)消えてほしくないなあ」って言ってる顔がまじで天使すぎるんですけど!!

…まあ森永君が調子こいて結局兄さんにいつもどーり怒られるんですが。
このマンネリズム万歳!!
というかマキルンってww

でも珍しく最後は森永君が勝つ?んですよね。
あとがきにも書かれているように兄さんがぷしゅぷしゅ傷に塗ってくれたそうですから。



やっと書き終わったー!!
恐らく今までで最長時間…。

次は7章です。
7章は半分リアルタイムで読んでいたんのでplanごとにわけて書こうかなと思っています。
それでは今回もここまで読んで頂きありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konatsunatsu.blog.fc2.com/tb.php/27-401db219

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。